混ぜるな危険の金の買い取り案内

金の買い取りは色んな業者を混ぜると危険です!

トップページ >

貴金属はどうやって保管すればいいので

貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、強固なセキュリティが必要になるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも解決法としてアリでしょうね。
要らなくなった金のアクセサリー等を買取店に持ち込む前に、次のことに気をつけてください。金の価値は相場でも変わる上、利用する店舗や業者により、実際に自分が受け取れる金額はかなり差の付いたものになるという事実です。

WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、どの店舗の買取を利用するか、真剣に考えるのがいいですね。金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。


金を購入する際は、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。

そのため、元々金を持っていれば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになるわけです。にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。
また、消費税の安い日本で買った金を消費税率の高い国に持って行って売却するなどの方法も考えられます。



金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、相場というか、現実に何円くらいの価格になるのかを正確に知りたいということですよね。基本的な算出方法を以下に示します。



金の国際価格はその都度変動しています。その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。

よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、お店の買取提示額が適切かどうか判断できるようになっておくといいでしょう。金買取のサービスが最近流行っています。

金の装飾品などは、昔もらったものでも、時代遅れのデザインだったりして長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。


捨てるのもしのびないという人は、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。でも、ここで落とし穴があります。メッキ加工の偽物の場合もあります。

買取店でそう言われてしまったときは、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。



贅沢品の代名詞である金。
しかし、実は我々の日常生活の中にも、必需品の中に隠れた金が割と色々な形であるのです。

金歯はその一例と言えるでしょう。金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。金買取では、金の形状はほぼ査定に影響しません。

タナボタ感覚でのお小遣いも夢ではないので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、買取店に持ち込んでみるのも一興です。


お手持ちの金製品を買取に出す際、留意すべき点は、何より相場の変動に気を配ることでしょう。
買取価格で後悔しないためにも、その日その日の相場を把握した上で、売却の時期を決定するのです。



買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるのが一般的といえます。

相場変動を逆手にとって、最も高い時期に手放しましょう。

不況の影響か、金買取の相場が次第に上がってきているので、専門店で買い取ってもらったという時、例外も多いですが、基本的には必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。
売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。
一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかからないということになります。バブルの崩壊以降、現在にかけて、手持ちの金を売却したい人が増えているので、市場の拡大に合わせて、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。

景気良く何店舗も出している業者もあります。
そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。
お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。

買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。



一口に投資といっても対象は色々あります。
最たるものが金でしょう。


今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。



世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金が投資対象として魅力的である一因です。まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、実際に買取に持ち込むなら、事前に今、金相場が下がっていないか、一度チェックしておくのが無難です。


相場よりも高い金額で金を買い取るなんて言葉を鵜呑みにして買取依頼してみたら、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で買取に応じてしまった、などという「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。最近増えてきた買取ショップの中には、犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。

どうにも腹の虫がおさまらないという方は、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。
金買取を利用してみたいと思っても、近くに買取店がない場合もあるでしょう。

そういうときは、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。
まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。



その後、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。
しばらくして、買取価格がメールなどで知らされるので、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、振込でお金が支払われます。



簡単ですね。


金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが多くなっていると聞きます。この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、断ろうとすると、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。後から売却をキャンセルされまいと、契約書などの手続もいい加減に済まされることが多いです。
被害に遭わないよう十分注意してください。ずっと前から使わなくなってしまった金やプラチナの装飾品があったら、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。
ただし、同じ量の金でも店によって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、ネットで事前に情報を調べてなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。たくさんの商品を売る場合は特に、店の違いによって金額も大違いになりますから、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


18歳に達していない青少年は、法律や都道府県の条例の定めに従い、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。



さらに、取引の安全を守る意味でも、お店にもそれぞれの決まりがあり、18歳を過ぎていても未成年であれば売却できないのが通例です。



18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示がなければ買取してもらえません。
昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、多くの方が思い浮かべるのは、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。

ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方が少なくないと思われます。さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。

やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、街の買取ショップより人気の場合もあります。



金買取業者は大抵の場合、20歳未満からの買取の禁止を定めているとところが大半でしょう。よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるというのが原則です。
とはいえ、例外的に、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。

しかし、その場合でも保護者の同意書は必要です。



また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。金の買取を掲げている店舗では、意外なほど様々な種類のものを現金化することができるのです。「金の買取」などと言うと、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかを思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


金歯などは典型的な例でしょう。
メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。最近、身内が亡くなり、金の指輪を遺産として相続しましたが、金製といっても、時代が行っているので値段は付かないと思っていました。金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、友人から直接の口コミもあり、思い切って行ってみることにしたのです。
いざ行ってみると、査定にいい加減なところもなく、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。

気になる買取金額も、思ったより高かったので、結果的には正解でした。金の相場が上がっている近頃は、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、買取ショップの広告がごまんと出てきます。もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。
金買取の業者って電話でも営業してるんですね。この前そういう電話がかかってきました。他の種類の営業電話はよく受けますが、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、続きを聞いてみたくなりました。
そうすると、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、ずっと身に付けていない品があったら高い値段で買い取ってくれるそうです。若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、試しに査定してもらうことにしました。

初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。

広告に出ている買取額以上に、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかをよく調べてから利用しましょう。

昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。
素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、事前に入念に確認することが大事です。2008年のリーマンショック以降、現在までの数年間で、決して急速というわけではないですが、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。最近ではさらに、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。こうした事態もまた、買取市場における金の価格が上昇する要因となったと推測されます。金の買取は、古物の取引になるので、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合でも同様です。

公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。
商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、免許証などをコピーして同封することによって店はお客さんの身分確認を行います。

自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、何年も使っていない貴金属製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。
貴金属を持て余している方は、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。主な買取対象といえば金ですね。

24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で売却できる可能性が高いです。

金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会に買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。今までに経験がなかったですから、買取してもらうお店をすぐには決められず、色々なホームページをネットで見て調べてみました。

そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、様々な金買取店が並んでいるところがあったため、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。

専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、それは24金、すなわち純金の話です。

一例として、18金(純度75%)ならば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。ですから、現実の買取では、それだけで200万円に達するには、必要な量は550から600グラムくらいでしょう。ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。
近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。



業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。

悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておいてください。
金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったなどというケースが割と多いようです。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、代わりに使われるようになったものです。日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。
K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、ホワイトゴールドだという証です。

ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際には実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、金の価格は一定ではなく、その時の相場によって変わってきます。


金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。ですから、納得いく金額で買取に出したいのであれば、テレビやネットの情報に目を光らせ、価値が上がるタイミングを見計らうことが重要だといえます。

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っ

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。



カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。



金以外の金属が入っている場合(合金)なら、「18金(18K)」などの表現になります。



18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと様々に色合いが変わるのです。ある金製品が幾らで売れるかの目安として、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。


買取サービスには昔から色々なものがあります。最近人気なのは、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。
これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、鑑定・査定をしてもらうというもので、査定結果をメールなどで確認したら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。

店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならネットで24時間いつでも申し込めるので、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人のための形態と考えてもいいかもしれません。全世界を混乱に陥れたリーマンショック。



その時からこの頃までに、やや遅めのペースながら、市場における金の買取価格が上がりつつあります。また世界の金融を巡る動きとしては最近、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、預金の引き出し制限も発動されました。リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、買取市場における金の価格が上昇する要因の一つになったとみられています。

金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を有償で設定している店もあります。その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。
買取時、こういった費用を取る店だったら、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、現実に買取額として受け取れる金額は低くなることになります。上手いこと騙されてるような気がしますね。買取を利用する際には、費用の有償・無償はチェックしておいてください。高価な貴金属には偽物も付き物であり、一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、どんなによくできた偽物でも、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。
最近はやりの金買取。色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらうスタイルが最もオーソドックスでしょう。鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、商品を引き替えに直接現金を渡してもらえるので、最も安心できる買取スタイルと言えるでしょう。利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けている店舗も多いですので、その場でよく考え、本当に納得してから買取ってもらえます。
これなら安全だと思いませんか。

初めての金買取。
一番肝心なお店選びの段階で初めての方はよく迷うようです。折角売るなら、高値をつけてほしいというのは当然ですよね。売却するお店を決める時に役立つのは、「利用者からの人気」が第一です。

ここで評価が高い店であれば、買取に不備がなく、信用が置けるお店であるのが容易に見て取れます。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたなどの話は昔からよく聞かれます。実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。



プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。金の相場が上がっている近頃、金の買取サービスを利用する人は増えており、市場の拡大に合わせて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。景気良く何店舗も出している業者もあります。そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、良い方向への変化が期待できると思います。接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。



利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。



最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこではアクセサリーをはじめとして色々なものに値段をつけてもらえます。金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、投資目的の地金にばかり考えが至りがちですが、高級品だけが金買取の対象ではありません。金歯などは典型的な例でしょう。

どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯も買取ショップでは売却することができます。
頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、しつこく金を買い取ろうとしてくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。



業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、被害を訴えるケースが最近増えています。

このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、一度売却してしまっても、8日以内なら契約を取り消して品物を取り戻せるのを覚えておき、いざという時に備えてください。


ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取時の諸々の手数料がかからないお店を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。
金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うといった工夫もできるといいでしょう。

一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。

貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、鵜呑みにしないことが大事です。
貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかはあまり知られていないのではないでしょうか。基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


一時期は金の3倍ほどしたのです。



理由としては、元々の埋蔵量の少なさを抜きにしては語れません。プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、価値の根底にあるわけです。最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。利用時の注意点は、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを十分見極める必要があるでしょう。

レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。

買取金額だけが高くても油断はできません。
手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、事前に入念に確認することが大事です。

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり気に留めておくべきことは、金の相場をちゃんと知っておくことです。



安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、毎日変動する相場を入念にチェックし、売却の時期を決定するのです。

実際の買取額は、申込時の相場で決定されるのが一般的といえます。

相場の確認を欠かさず、可能な限り高い値段で売りたいものですね。金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。金を購入する際は、普通の買い物と同じく、消費税をとられますが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。

そのため、元々金を持っていれば、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になると言えます。どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却するといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。


もう要らなくなった貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、買取に出すのも手です。でも、それぞれのお店で買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。たくさんの商品を売る場合は特に、買取額にも大きな差が出てきますので、それだけお店の選択が重要になるのです。初めて金買取を利用する方が必ず気にされることといえば、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段での買取が見込めるのかという見積を事前に立てられることです。


金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。

その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。


こうした基本的な計算法を活用し、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか注意深く判断してください。

リーマンショック以降、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。



ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、気になって検索してみたら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。どうせ不要の品物を売るのなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


贅沢品の代名詞である金。
しかし、実は我々の日常生活の中にも、貴金属と同様に扱われる金製品がそこかしこに潜んでいるものです。


例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。

金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。


ちょっと豪華なランチ代程度の臨時収入にありつける可能性が高いですから、用済みとなった金歯をお持ちの人は、金買取のお店に早速持って行ってみるのをお勧めします。
金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

それは24金、すなわち純金の話です。
これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。そのため、例えば200万円以上の額面となると、その重さは600グラム弱です。

ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。
また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。
10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。



今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、思い切って専門店に売却して現金化するのも解決法としてアリでしょうね。

金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで近くに買取店がない場合もあるでしょう。そういうときは、郵送での買取を受け付けている店をネットで探してみましょう。ネットで個人情報などを登録すると、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。

その後、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。
早ければ翌日には、電話やメールなどで査定額の提示があるので、自分がその金額を承諾すれば、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際にはいくらで売れるか誰もが気にしますが、しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。


貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。そのため、少しでも高い金額での買取をご希望の方は、新聞やテレビ、インターネットなどの情報にアンテナを張り、相場変動の情報に強くなっておくことを意識しましょう。最近問題になっている事件についてお伝えします。
自宅に業者がやってきて、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが多くなっていると聞きます。
お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、断ろうとすると、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。
後から売却をキャンセルされまいと、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。
怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。

年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。

金買取を行っている業者のほうは、売買で動くお金も莫大ですから、事業所得として金額を申告し、何重もの税金を支払っていることでしょう。それに対して、個人の取引額は微々たるものです。

もっとも、税法が改正されることも有り得るので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくのが得策ですね。

最近は金買取が流行っているようですね。私も少し前、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。



それまでそういうお店とは縁がなかったため、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、WEB上で情報収集することにしました。そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。店員さんの対応も丁寧だったし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。

昔買ったきりでずっとご無沙汰という指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属が沢山あるという方もいるでしょう。タダで手放すのは惜しいという場合には、買取店に持ち込んで買取してもらうことがいいのではないでしょうか。貴金属の買取を受け付けているショップも街頭、ネット問わず多いですから、いくらの値段が付くか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。


金製の指輪やネックレスなどは、昔もらったものでも、時代遅れのデザインだったりして処分を検討している人もいるでしょう。

そうしたアイテムをお持ちの方は、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。でも、ここで落とし穴があります。

本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。
そういう事態に直面してしまったら、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。金の買取は、古物の取引になるので、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、郵送買取など、直接店に行かないケースも何らかの形で身分確認をしなければなりません。買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証を提示する必要があります。



対面でない場合、商品を発送する際にそういった身分証の写しを一緒に送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。





Copyright (C) 2014 混ぜるな危険の金の買い取り案内 All Rights Reserved.
↑先頭へ